アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

長男への虐待

スポンサーリンク

 モラハラ妻から長男への虐待

 妻から長男への酷い虐待が行われたのは2019年7月7日のことでした。

このレベルの虐待は、それまで、何度もありました。

この虐待に至る過程、その後の展開を紹介します。

 

DVに気付いていなかった 

僕は、自分がDVの被害にあっていると気付いたのは2019年7月1日のことでした。DV被害者が自身が被害者だと認識できないことがあるとはよく言われますが、全くその通りでした。

自分への虐待すら認識出来ていないので、母親による子供への虐待も認識出来ていませんでした。

f:id:afreshstart:20200106090955j:plain

この気付いていない、認識できていないという状態を説明するのは難しいです。

世の中で、ドメスティックバイオレンス、DVが存在することは知っています。

自分や子供が妻から暴力を受けていることも、日々、目にしています。

でも、この自分や子供が受けている暴力が、世の中で言われているDVであると結びつけることが出来ないのです。

目の前に繰り広げられる自分と子供への暴力と世間で言われるDVとのリンクがすっぽり抜け落ちていると表現したらわかって貰えるでしょうか。

それぞれが、独立の事象となっていてなかなか結びつきませんでした。

 

何とかしようともがいている最中だった

自分と子供がDVにあっていることに気付いてしまった以上は何もしないでいる訳には行きません。

そのときはまだDVに気付いて一週間ほど、僕自身もそのショックから立ち直れていなかったし、今思えばまだまだ混乱していました。

それでも、子供への虐待が行われるときには、体を張って止めようと決めました。

また、妻からのDVやモラハラには、やめて欲しいと言おうと決めました。

結果的にはこの僕の妻への反抗が子供への虐待を加速しました。

虐待者は、虐待から得られる快感に依存して生きています。それまで、大人しくやられていた僕が反抗するようになり、得られなかった快感を取り返そうと、子供への虐待が苛烈になったのです。

 

虐待が始まる

この日、 僕がノートパソコンを使って仕事をしていると、妻が、長男に激高し、罵声を浴びせる声が聞こえました。

長男も感情的になって何かを母親に伝えようとしているのがわかりました。

これまで、何度も何度もあったことです。そして、僕は、これが、虐待とも、妻が子供を使って憂さ晴らしをしているとも気づいていませんでした。

でも、今日からは違う。自分が子供を守るんだと二人のもとへ向かいまいした。

妻のサンドバックになることに抵抗を始めて一週間ほどで、妻は相当ストレスを貯めてたようです。その悪態ぶりはこれまでにないものでした。アルコール中毒患者から、アルコールを取り上げて一週間たったころのようなものです。

妻は長男を蹴り、腕を引っ張ってドアの方へ引きずり「出ていけ」と罵声を浴びせました。僕は二人の間に入り妻の蹴りを代わりに何度も受けました。蹴りが届かないと、今度は、本を長男に投げつけました。本の硬い角が、長男の目に当たりました。長男は痛そうに、そして、あまりの理不尽さに何とも言えない「うー」という唸り声をあげて傷ついた表情をしていました。

「途中から入って来て、何も分からないくせに!!」

「どんな理由があっても、暴力はだめだ。物を投げつけるなんてだめだ。叱ると怒るは違う。お前はただ、ストレス発散のために、怒っているだけだ。自分でも自分をコントロール出来てないと分かっているだろう!」

「これ以上やったら、警察に電話する。わかったか!?」

僕をサンドバックとして使えなくなり、その鉾先が長男に向かったのは明らかでした。

 

長男への虐待が苛烈になったきっかけ

今となって思えば、長男への虐待が苛烈になるきっかけになった出来事がありました。

それは、2014年アパートから一戸建てに引っ越したこと。

引っ越してから、妻から長男への虐待は明らかに苛烈になりました。

大声で罵声を浴びせ、引きずりまわし、叩いたり蹴りを入れたり。

近隣が壁や床を隔ててくっついているアパートよりも、虐待が他人から察知されにくくなったからです。

 

長男への酷い虐待はこれが最後になった

今日、この記事の手直しをしているのは、2020年9月17日です。

幸いにも、今のところ、妻から長男へのひどい暴力はこの日が最後になりました。

理由の一つは、僕が、これ以上やったら、警察に連絡すると言ったことです。

もう一つは、離婚裁判をすることです。裁判で自分が不利にならないように虐待をやめたのです。

DVモラハラ加害者は、自分が行う暴力は正当だといつも主張します。でも、本当は悪いことだとは理解しています。

その証拠に彼らはバレる可能性があったり、自分が不利になる可能性があると虐待をやめることが出来ます。

逆に言うとバレない限り、自分が不利にならない限りは虐待を続けるという悪魔的な一面があります。

または、罪に問われたとしても、軽い罪で済むように虐待のレベルをコントロールします。その日以後、妻から僕と長男への虐待は、態度や言葉によるモラハラへ移行しました。妻による言葉の暴力の内容は、本当に酷いものですが、それで妻が刑務所に行くこともなければ、離婚裁判で大きな不利になることもないでしょう。

本当に悪魔的です。

離婚後、僕が家を出て、妻と子供達だけになれば、確実に子供への虐待が再開されるでしょう。