アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

モラハラ妻との会話が成立しないのでEメール

スポンサーリンク

f:id:afreshstart:20200301050803j:plain

不毛なやり取り

モラハラ妻の浪費に苦しんだ僕は、妻との共同口座の一つを解約して新たな口座を作り家計の支払いのためのお金を妻の浪費から守り確保することにしました。

afreshstart.hatenablog.com

妻は聞いてないと激高してきました。

聞いていないのではありません。僕はちゃんと話ましたが、妻の方が激高して聞こうとしなかっただけです。この銀行口座の件も含め、言った、言ってない、の不毛な会話を何度したかわかりません。最近は、妻はすぐに激高して会話が成立しません。

もう、同じことを繰り返しても仕方がありません。

言った、言ってないになりそうな要件はメールすることにしました。

悲しいですね。

一生連れ添うと誓った夫婦なのに、大事な要件はメールで、なんて。

 

銀行口座やお金に関しての妻へメール

以下はその第一回目2月17日のメールの概要です。このブログは離婚裁判に備えて記録の目的もあるで張り付けています。もちろん、コメントなど頂けると嬉しいです。僕のやり方、言葉遣いに問題があようならご指摘下さい。僕は、自己愛性人格障害者ではありません。欠点弱点をご指摘頂いて、少しでもマシな人間になれるなら嬉しいです。

このメールの内容は、ネットの翻訳ソフトを使って同居している義母(英語も日本語もできない)にも読んで貰いました。

妻は僕のことを世紀の大悪人とばかりに話したことでしょうから、そうではないことを少しでも分かって貰う努力をしようと思った次第です。

 

妻へのメール

 

W(ife)さんへ

 

悲しいけど会話はもう成立しないようなのでメールにします。

 

C銀行の共同口座は解約しました。解約する前、先週の日曜日に伝えましたが、やはり、聞いていなかったみたいですね。

 

新しい口座を一つ作りました。ここへは、固定費の家のローン($xxxx)、インターネット($xx)、Car insurance ($xxx)の分だけを振り込み、その支払いに充てます。Total $XXXXです。もし、他にも固定費としてここ入れてほしいものがあるなら、そうします。

 

これらの固定費以外は、食費などの変動費としてA銀行の共同口座へ振り込みます。その範囲内で生活を成り立たせるように支出を考えて下さい。

 

Wさんの名義のクレジットカードは僕には解約することも上限を設定することもできません。

もし、今までのように、このカードを使って浪費するようなら、このカードの支払いに使用しているA銀行の共同口座も解約して、上限を設定した新しい僕の名義のクレジットカードを家計用にお渡します。

上限額はちゃんと伝えます。僕が使った分も伝えます。計画的に使って下さい。

 

この時点でWさん名義のクレジットカードは、我が家の家計からは切り離されます。

そのカードで借金を積み上げるなら、それは我が家の借金ではありません。

Wさん個人の借金です。

 

前にも言いましたが、おそらく、全く聞いていないでしょうから、ここにもう一度書きます。

もし、Wさんが働きだして、家計へお金を入れてくれるなら、それは、また、別の話です。

家計をどうするか、そのとき話し合いましょう。

もし、Wさんが今後も働かず、お金を家計に入れないのなら、上のルールを守って貰うしかありません。

働いても、Wさんの稼いだお金はWさん個人のものだと主張し、家計に入れるつもりが無い場合も、同じです。上のルールを守ってもらいます。

それでは宜しくお願いします。

 

シンイチ