アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

モラハラ妻は自分の離婚弁護士とも喧嘩別れする

スポンサーリンク

離婚弁護士と喧嘩別れしたモラハラ妻

現在、僕は、アメリカでモラハラ妻との離婚裁判中です。

そんなモラハラ妻が自分の離婚弁護士と喧嘩別れをしたようです。

モラハラ人間は、自分の弁護士とも上手くやって行けません。

モラハラ離婚をした僕の同僚のモラ妻も、自分の離婚弁護士と喧嘩をして離婚裁判中に何度も弁護士を変更したそうです。

また、その自分の弁護士から、弁護料の支払いを求める裁判を起こされています。

離婚弁護士と喧嘩別れするのは、モラハラ人間あるあるのようです。

頭が痛いですね。

f:id:afreshstart:20210125081808j:plain

Image by photosforyou via Pixabay

 

子供達を巻き込んだ結果

モラハラ妻は、必要書類を一切提出せず、離婚裁判の進行を徹底的に妨害しています。

 

 離婚のプロセスに子供達を巻き込みたくはなかったのですが、巻き込まざるを得ない状況になってきました。

 

 

子供達から妻に離婚裁判の進行を妨害しないように伝えて欲しいと頼んだのです。

その結果、子供達から情報が入りました。

「ママは何も悪くないんだ。ママの弁護士が悪いんだよ。ママの弁護士は全く仕事をせず、お金だけを請求するんだって。だから、ママは、その弁護士を解雇して新しい弁護士を雇うことにしたんだ。次の弁護士は大丈夫らしいから、もう、何も問題ないよ」

想定内でしたがその手で来たかと思いました。

解雇した弁護士にすべての責任を転嫁する作戦でしょう。

必要書類を提出しなかったのは、前任弁護士が無能だったと主張するのだと思います。

 

僕の弁護士はモラハラ妻と前任弁護士の不協和音を感じていた

妻側が必要書類を提出しないことに関して、弁護士同士が電話相談をしたことがあります。

その時、僕の弁護士は、妻は弁護士料を支払っていないか、弁護士の言うことを聞かず協力していないのどっちかのような気がすると言っていました。

僕はこの両方だと思います。

妻は自分勝手なことを言って弁護士と協調的にやっていくことが出来なかったのでしょう。

しかし、それに妻の方が腹を立てて、「弁護士料は払わない!」なんてことになったのだと思います。

僕自身も妻は自分の弁護士と協調的にやれていないのかと思ったことがありました。

それは、この必要書類の提出期限をお互いの弁護士を通して決めるときのことです。

妻の弁護士は期限を約4カ月後に設定しようとしたのです。

妻と協力して書類を出すことに難しさを感じて、時間がかかると考えた妻の弁護士がかなり長めの期限を設定しようとしたのだと思います。

それは非常識過ぎると僕の弁護士の指摘で、標準的な約一ヵ月後に提出期限が設定されて、双方の弁護士がサインをしました。

しかし、妻側がこの期限を守ることはなかったわけですが。。

妻側の弁護士から、何度も弁護料の支払いを僕に打診してきたので、妻は弁護士料も払っていなかったでしょう。

 

すべてやり直し

前任弁護士へ書類の提出を何度も要求してきましたが、すべて無駄になりました。

時間もお金も相当かかりましたが、すべて無駄です。

この書類の提出を求めるのに僕は$1,000以上の余分なお金を払いましたが、無駄になりました。

モラハラ人間は全く身勝手です。

離婚弁護士を変えたことも子供達から聞かなければ妻からは全く知らせませんでした。

僕から、妻へ事実確認と新任弁護士の連絡先をメールで問い合わせしたが、返事はありませんでした。

後任、新任弁護士どちらからも連絡はありませんでした。

離婚弁護士が変更になったことを前任弁護士に確認し、裁判所へ新しい弁護士が誰なのかを確認する必要がありました。

確認した上でこちらから、新任弁護士へ連絡を入れました。

これらの余分なプロセス、すべて、無料ではありません。

「弁護士を誰々に変更しました。連絡先は、これこれです。」とそれだけのことを知らせてくれれば、数百ドルのお金も余分な時間も使わなくて済むので、本当にがっかりです。

モラハラ人間は相手の人生を潰すために離婚裁判を行いますから、妻は意図的に僕に情報を提供せず、時間とお金を無駄に使わせたのだと思います。

 

新任弁護士とまたやり直し

モラハラ妻は離婚裁判を開始するCompliant for divorceと僕からのCounter claimへの異議申し立ては提出しましたが、それ以外は全く何も提出していません。

 

僕の方は、とにかく離婚裁判を早く終わらせたいので、すべての書類を期限前には提出しています。

本来これらの書類は、前任弁護士から、新任弁護士へ引き継がれるべきものです。

しかし、新任弁護士は、前任弁護士に書類の引継ぎを要求したが、全く送ってこないと言うのです。

前任弁護士は、妻から相当嫌な目にあったのでしょう。

妻は、言うことは聞かない、弁護料も払わない。

一切の時間も労力もお金も妻のために使いたくないのだと思います。

仕方がないので、これまでの膨大な僕の書類と妻の前任弁護士がこちらへ提出した書類のすべてを僕の弁護士から新任弁護士へ送り直しました。

もちろん、これらすべて、無料ではありませんよ。

本当にがっかりですが、モラハラ人間は常軌を逸したことをするので仕方がありません。

新しい弁護士とは協力してちゃんと書類を提出して欲しいと願うばかりです。

弁護士が無能だったという言い訳は何度もはできないはずです。

 

最後に

自分の離婚弁護士と喧嘩別れをするのはモラハラ人間あるあるのようです。

前任弁護士は、モラハラ人間から、非常に痛い目に合うので、引き継ぎに際して一切の協力をしないことあります。

こちらが対応してあげるしかありません。

時間もお金も余分にかかりますが、モラハラ人間との離婚を迎える方は覚悟しておいた方が良いです。