アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

離婚調停でとことん都合の良い数字の算出方法を使うモラハラ妻

スポンサーリンク

Economic Mediation in New Jersey

これはNew Jerseyの離婚裁判の過程で行われる離婚調停の一つです。

資産分配などの経済的な合意を得ることを主な目的として行われます。

この離婚調停において、モラハラ妻は、とことん、自分に都合の良い数字の算出方法を使って交渉を行いました。

本当にここまでするのかと思えるモラハラ人間の利己的な行動の実例です。

モラハラ人間との離婚が大変な理由の一つは、このようにあり得ない要求を平気でしてくることです。

f:id:afreshstart:20211016071109p:plain

Image provided by Arek Socha via Pixabay

 

Economic Mediation

Economic Mediationとは、New Jerseyでの離婚裁判において行われる離婚調停です。

 

Economic Mediation Statement

この調停に際して、双方が希望をまとめた提案書を調停員に提出します。

これがEconomic Mediation Statementです。

ここに書かれてモラハラ妻の提案の内容が超利己的でした。自分が得になるようにとことん自分にとって都合の良い数字の算出方法を使いました。

 

日本の不動産の家賃収入

モラハラ妻は、日本に所有する不動産は僕に譲るつもりのようですが、そこから得られる家賃収入には異常な執着を見せています。

夫は離婚後、家賃収入を得ることが出来るから、アリモニーの算出にこの収入を加えるべきだと主張しました。

アリモニーは、収入の差額で計算されるので、僕の収入が大きい方がモラハラ妻は高額なアリモニーを得ることが出来ます。つまり、家賃収入が大きい方が彼女は得をします。

では、モラハラ妻は、どのように家賃収入を算出したかというと、現在の家賃の額をそのまま収入と主張しました。

「彼は毎月6万円の家賃収入を得ています!」と書いてきました。

あ ん た バカなの?

思わず、僕の頭の上に吹き出し💭がでました。

家賃の全額が収入になるわけありません。ローン、管理費、税金、改装などの経費もありますし、空室期間だって当然あります。

モラハラ妻は、この日本の不動産の家賃収入には異常な執着があるようで、弁護士を使って何度も聞いてきています。

その都度、僕は、誠意をもって、賃貸事業を始めてからのすべての年度の収入と損失を平均した金額を伝えています。過去15年の年間平均利益は約3万円ほどです。なかなか、賃借人が見つからず、大きく損失になる年もあります。

家賃がそのまま全額収入になるはずもないし、過去15年の年間平均利益を何度も伝えているにも関わず、このモラハラ妻の主張には、流石に彼女の知性を疑いました。

都合の良い点だけを拾い上げるモラハラ論法と同じ考え方をしているのでしょう。

月額の家賃だけを拾い上げて、その他の経費には一切触れません。

僕は、この日本の不動産からの収入は少ないので、アリモニーの算出に入れないことを提案しています。この収入を入れてモラハラ妻が得られるアリモニーよりもその算出にかかる弁護士費用の方が大きいからです。

 

アリモニー

モラハラ妻は、現在は、僕よりも収入が少ないのでアリモニーを要求して来ました。

僕に対して「そんな安い給料で恥ずかしくないの!」と罵っていた割には、「私は彼より収入が低いのでアリモニーを要求します」と言ってくるあたりが、モラハラ人間です。

 

決してお金持ちとは言えないけど、僕くらい稼ぐのだって簡単ではないことが分かりましたか?と言ってやりたいですね。

全く同じように「そんな安い給料で、僕より安い給料で恥ずかしくないの?」と罵声を浴びせて差し上げましょうか?

話を戻して、アリモニーは収入の差額の25%として算出されます。

僕の収入の大きくモラハラ妻の収入が低い方が彼女は多くのアリモニーを得ることが出来ます。

僕達の収入がどうかというと僕の年収が$80,000、モラハラ妻の収入が$65,000でした。本来なら、(80,000)-(65,000) x 0.25 = $3,750/yearです。

しかし、モラハラ妻はここで、都合よく切り上げと切り下げを使ってきました。

夫の収入$80,000はすでに$100,000に近く、私の$65,000は50,000近く、0.25は四捨五入すると0.3です。(100,000-50,000) x 0.3 = $15,000/yearのアリモニーを要求します。

またまた、吹き出し💭が出ましたね。

何なの?その都合の良い切り上げと切り下げは?

 

養育費

養育費も収入の差額によって計算されます。アリモニーを貰う方は、それを収入として扱います。養育費の算出する場合は、モラハラ妻の数字を使ったとしても、僕が$100,000-15,000=85,000、モラハラ妻は、$50,000+$15,000=$65,000の数字を使います。$85,000 vs $65,000ですね。

しかし、ここでも、モラハラ妻は、都合よく切り捨てを行い、$15,000は夫の収入$100,000と比べると十分に小さいので切り捨てましょう。

$100,000 vs $50,000を基準に養育費の算出を主張します!

ここまでくるとあっぱれ!です。

 

まとめ

モラハラ妻は、自分にとって都合の良い切り上げと切り下げを行い、より多くのアリモニーと養育費を主張しました。

恐ろしいほどの利己的な数字の取り方をしました。

実話です。