アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

モラハラ人間は自分が惨めだと全く認識していない

スポンサーリンク

はじめに

モラハラ妻と別居、子供達との面会が始まり、ヒシヒシと伝わるモラ妻の思惑があります。

僕(被害者)と関わりたい。

モラハラは中毒、依存症で、被害者への嫌がらせから得られる快感に依存して生きているからです。

被害者としては、本当に気持ち悪いの一言です。

自分のことを気持ち悪いと思っている人(被害者)へ依存し関わりたいと執着しているって本当に惨めだと思います。

ただ、当人は全くこれを認識していません。

f:id:afreshstart:20211206072019p:plain

Image by Gerd Altmann va Pixabay

 

 

被害者と関わりたい

裁判所命令(Court order)では、僕が子供達を車に乗せて、家の外で面会時間を過ごすことになっています。

ところが、迎えに行くと必ず、モラハラ妻は、僕を家へ招き入れようとするのです。不機嫌そうに「入って待てば」ということもあれば子供達を使うこともあります。

そして、必ず、ピックアップの時間が大きく遅れるように嫌がらせをします。

最初の面会のときは、僕の面会時間と同時に子供達と一緒に映画を観始めて、僕を完全に無視をする嫌がらせをしました。

結果として、僕の面会は一時間以上遅れました。

 

二回目もわざとピックアップの時間を遅らせました。

その嫌がらせを何とかやり過ごして、子供達と出かけることが出来ましたが、モラハラ妻は僕達を追いかけてきて、子供を連れ去る嫌がらせをしました。

一つ一つは書けませんが、ピックアップの時間を遅らせている間に、子供達の面前で口論を仕掛けてくることもあります。

絶対間違いのないことは、僕に対して不満があること、子供達に対して父親と出かけることを面白くないと思っている空気をめいいっぱい発していることです。

 

僕からの子供達への面会要求を可能な限りの拒否し、僕が子供達と会うことを邪魔し続けます。一方で、面会の予定の全くない日に抜き打ちで子供達を僕のところへ連れて来たります。

本当に気持ち悪いです。

 

一方で僕の人格否定を行う長い長いメールを送り付けてくることもあります。

そんなに嫌な人間だと思っているなら、僕と関わる時間を少しでも短くするようにすれば良いのです。

立場が逆で、僕だったら、約束の時間には、子供達の身支度と整えてモラハラ妻が迎えに来たら、玄関先で「楽しんで来てね!」と送り出して終わりにします。数秒で終わらせます。だって、関わりたくないですから。

相手の面会時間にわざわざ姿を現すなんて絶対しません。

関わりたくないですから。

誰でもそうすると思います。そんなに嫌な相手だったら、一秒でも関わる時間を減らしたいです。一秒でも関わる時間を減らす方法があるなら、その方法を使います。

 

モラハラ妻がそれをしない理由は一つです。

被害者と少しでも長く関わっていたいのです。そして、可能なら、少しでも多くの嫌がらせをしたいのです。

結局のところ、構って欲しいのです。構って欲しいから、わざわざ、引き留めたり、追いかけて来たりして、さらに嫌がらせをします。

 

一度目の面会時に僕は、僕を無視して映画を観ているモラハラ妻を動画に撮りました。

僕を一生懸命無視して嫌がらせしようとしているモラハラ妻の姿を見た人は、本当に駄々をこねている小学生のようだと感じるようです。僕もそう感じます。

甘えられそうな人に何とか甘えようと駄々をこねているただのおばさんです。

 

気持ち悪い

被害者からこのモラハラ加害者をどう感じるかというと、本当に気持ち悪い、可能ならば目の前から消えて欲しい、出来るだけ関わりたくない。それだけです。

 

モラハラ人間もここまで来ると惨め

本当に惨です。

僕だったら、こんな状況には一生なりたくないし、生まれ変わっても絶対なりたくない。

自分が精神的に依存し関わりたいと切に願う相手から、気持ち悪い、消えて欲しい、関わりたくないと思われているなんて、惨めです。

逆に言うと、これ以上はないってほど、自分に対して嫌悪感と拒絶を感じている人に、異常な執着をして、一生懸命関わろうとするのは惨めです。

さらに嫌がらせをしているのに実はその相手に依存しているって恥ずかし過ぎます。

本当にカッコ悪いし惨めです。

そして、何よりも、当のモラハラ妻は、自分が物凄く惨めで恥ずかしいことをしていることを全く認識していません。

一生懸命僕を無視して、面白くないアピールをする動画の中のモラハラ妻を見て「何だか、本当に惨め、構って欲しいんだね」と嘆いた人もいます。

本当にその通りだと思います。

そんなに嫌なら、さっさと子供達を引き渡して、家の中へ引っ込めば良いのに、わざわざ、関わろうとしているのは明らかで惨めです。

 

おわりに

別居し子供達との面会が始まってから、ヒシヒシと感じるモラハラ妻の「もっと関わっていたい」という思いを強く感じます。

別居したので僕が来るのを待っていましたとばかり、家の中へ引き入れて嫌がらせをしようとしてきます。

本当に気持ち悪いです。

モラハラ人間のみなさんには本当に言いたい!

本当に惨めだとおもいませんか?本当に惨めだよ!

あなた方が依存して、あの手この手で関わりを持とうとしている相手ですけどね。相手はあなたのことを気持ち悪い、関わりたくないって思ってますよ!

そんな相手に必死に執着してるって本当に惨めです!