アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

片親疎外が子供に与える影響。片親疎外は児童虐待です。

スポンサーリンク

はじめに

片親疎外とは子供を洗脳して、もう一方の親へ嫌悪感を持たせたり拒絶するように仕向けることです。標的親のことを問題のある悪い人間に仕立てあげたり、標的親は子供を愛していないと嘘を吹き込みます。

片親引き離しと言われることもあります。

僕の離婚するモラハラ妻は片親疎外を行っており、子供達はかなり洗脳されています。自分なりに学習した片親疎外が子供に与える影響を紹介します。

片親疎外は児童虐待です。

f:id:afreshstart:20220117042723j:plain

Image by Ulrike Mai via Pixabay

 

片親疎外が子供に与える影響

1)自尊心や自己肯定感の低下

本来愛情を注いでくれる親の一人が、自分のこと愛していないと嘘を吹き込まれます。子供は自分は親からも愛されない存在であると認識します。

また、疎外親からの条件付きの愛情の中で育ちます。標的親に会いたいと言おうものなら、疎外親はたちまち嫌悪感を示します。逆に標的親を悪く言うと褒められて愛情を注いで貰えます。ある条件を満たせば自分は愛されて、そうでない場合は、愛されない。本来の素の自分は愛される存在ではないと劣等感を抱きます。この劣等感が自己肯定感の低下に繋がります。

少し別の言い方をすると子供は他者からの愛情を受けることで自己肯定感を持つようになります。そして、子供を無条件で愛するのは親です。片親疎外では、この一方の親を奪ってしまいます。激しい片親疎外では、標的親だけでなく、標的親側の祖父母など、親族にまで、その対象が広がります。本来、子供が受けるはずであった愛情の多くが、片親疎外により失われます。子供は脆弱な自己肯定感を持つことしかできません。

単純に本来子供が受けるはずであった愛情の50%が片親疎外により失われるように思いうかもしれませんが、実際は、50%以下になります。

疎外を仕掛けている親(疎外親)は、子供よりも自分を優先しているからです。疎外親は、子供を愛していないとまでは言いませんが、条件付きの愛情を与えています。

疎外親よりも標的親の方が健全な親です。

片親疎外では、本来子供に無条件の愛情を注ぐはずであった健全な親を奪い去り、その親族までも遠のけます。子供と過ごすことになる疎外親は、本来のあるべき形の愛情を子供には注ぎません。

片親疎外により、子供は、健全な愛情を全く受けることなく成長して行くことになります。自尊心や自己肯定感を失うのは当然のことです。

 

2)自己嫌悪、罪悪感

ある程度年齢が上がり、自分が標的親にしていた拒絶や攻撃を理解して、罪悪感を抱きます。または、最初から、標的親への攻撃に疑問や罪悪感を持ちながらも、疎外親からのプレッシャーで、標的親を拒絶や攻撃して、その罪悪感から自己嫌悪に苦しむ子供もいます。

 

3)重度の不安

本来、子供にとって親との関係とは、最も心地よい心の安全地帯です。片親疎外の中で育つ子供は、その安全地帯が超危険地帯となります。標的親を拒絶することを強いられて、疎外親からはある一定の条件を満たすことを強いられます。安心感を持って生活することは難しいです。

 

4)他者との信頼関係の欠如

親との信頼関係が築けない訳ですから、その他の人との信頼関係を築くこと不可能です。

 

5)鬱病

自己肯定感が低く、罪悪感を持ち、重度の不安を抱えて、人間関係にも苦しめば鬱病になります。

 

6)自傷行為

上と同じです。このような状況にあれば自傷行為の可能性も上がります。

 

7)薬物やアルコール依存

大きな心の問題を抱えて、それから逃れるために何等かの依存症になる可能性が上がります。

 

8)将来の配偶者に対するモラハラ

一方の親からの愛情が欠如して、もう一方からは条件付きの愛情の中で育ちます。本来親から貰えるはずの無条件の愛情を貰うことなく育ちます。

モラハラの目的の一つは、この親から貰えるはずだった無条件の愛情を配偶者を使って取り返そうと補償を求める行為です。

モラハラとは、配偶者の愛情を試す、重い重い、甘えです。

こんな酷いことしても、僕から、離れないよね?愛してくれるよね?

そういうことです。親なら良いのですけどね。

こんな言葉を見つけました。モラハラ人間を良く表していると思います。

I hate you! Don't leave me!

あんたのこと大っ嫌い!私から離れて行かないで!

 

9)人格障害

自己愛性人格障害や境界性人格障害の原因は劣等感です。つまり自尊心や自己肯定感の低下です。片親疎外の中で育つと人格障害になる可能性が上がります。

モラハラ人間化する理由もここです。

 

10)片親疎外

片親疎外の中で育った人は、片親疎外を受ける確率が上がります。自分が標的親にしていた拒絶や攻撃を、自分の子供から受けることになります。

苛烈な片親疎外に苦しむ親の約半数は自身が片親疎外の中で育ったという数字もあります。

毒親育ちの子供は、モラハラ人間に育つ場合もありますが、将来モラハラ人間と結婚して被害者になる可能性も上がります。親も配偶者も自己愛性人格障害者という状況になります。矛盾して聞こえるかもしれませんが本当です。

自己肯定感が低くて、罪悪感を抱きやすいので、それをモラハラ人間に見抜かれて配偶者として選ばれます。

 

数字を使って表現

片親疎外では、父親が標的親となることが多いです。

父親を奪われて育つ子供について、以下の数字を紹介します。

父親を奪われて育った人はそうでない人達と比べて

自殺率:5倍

家出する確率: 32倍

人格障害や行動障害になる確率: 20倍

性的虐待者になる確率: 14倍

学校中退、退学する確率: 9倍

薬物中毒になる確率: 10倍

服役する確率: 20倍

DV被害者になる確率: 33倍

DV被害者により殺害される確率: 73倍

若年死亡率: 44倍

 

そもそもこんな調査なんて必要ですか?

これらの疫学的な調査に関しては、僕は必要ないだろうと思ってしまいます。

本来愛情を注いで注がれる親に対して拒絶と攻撃をもう一方の親から強いられるのです。

心の成長に何等かの問題を起こすなんて誰にでも分かることです。

何とも言えない不安と恐怖の中で育つことなんて誰にでも分かります。

片親疎外をしている人格障害者は、この事実を分かっていないのではなくて、考えてもいません。

共感性ゼロです。子供よりも自分の方が大事です。

 

まとめ

片親疎外が子供に与える影響をまとめました。

大きな負の影響を与えます。

自己肯定感が低下し、自己嫌悪に苦しみ、人間関係に苦しみます。

一部は、人格障害となり、虐待者となったり、虐待を受けるようなり、負の連鎖を続けます。