アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

子供の言う「会いたくない」は片親疎外によるものか?拒絶される親が本当に悪いのか?

スポンサーリンク

はじめに

片親疎外とは、離婚などをきっかけとして、一方の親(疎外親)が、もう一方の親(標的親)に対して拒絶や嫌悪感を抱くように子供を洗脳、操作することです。

片親疎外の中で最も良く行われるのは、「子供が会いたくないと言っている」を理由に子供を標的親に会わせないことです。子供を標的親から隔離します。

子供自身から会いたくないと言われると、どうして良いのか分からず、子供に会いたくても会えない人がたくさんいます。子供に会いたくても会えない。子供がどんどん自分を嫌って行く。標的親となった人にとっては、本当に苦しくて悲しいことです。

子供自身が会いたくないと言うなんて、自分はそんなにダメな親なのだろうかと自己嫌悪と罪悪感を持つ人も多いかもしれません。悩んでいる人も多いと思います。

子供の「会いたくない」は片親疎外の結果か?

標的親に本当に問題があるのか?

結論は片親疎外によるものです。

f:id:afreshstart:20211220094326j:plain

Image by Lars_Nissen via Pixabay

 

虐待やネグレクトを受けた子供の反応

片親疎外の中で、子供が標的親と会いたくないという理由は、叱るから、暴力を振るうから(児童虐待)、構ってくれない、面倒を見てくれない(ネグレクト)からと言うものが多いです。

「お父さんは、僕を愛していないから、会いたくない」と言った感じです。

完璧な人間はいません。過去の子供達との関係において、感情的に叱ったこともあれば、仕事が忙しくて子供との時間が十分に取れない時期もあります。

疎外を受ける標的親は、疎外を受けている時点で疎外をする親よりもまともな人間です。片親疎外をしようなんて全く思わないので疎外をする親に出遅れます。

標的親は、過去を思い出し、自分が悪かったのかと自分を責めるかもしれません。

自分が悪かったから、子供は自分を拒絶しているのだろうかと思うかもしれません。

でも、それは違います。

これは、片親疎外のない、純粋な児童虐待やネグレクトを受けた子供がどのように反応するかを考えると良く分かります。

純粋な児童虐待やネグレクトを受けた子供は、それをした親を拒絶しません。それでも愛着を示します。暴力やネグレクトがあっても、子供のはその虐待やネグレクトの親と一緒にいたいと願います。

「僕はお父さんと一緒にいたい。ただ、僕への暴力を辞めて欲しいだけ。」

「僕はお母さんと一緒にいたい。一緒のお布団で寝て欲しい。」

純粋な児童虐待やネグレクトを受けた子供は、こうやって親への愛着を示します。

また、児童相談所の役員などから、親を守ろうとすることもあります。

「お父さんは僕に暴力を振るっていない。」

「お母さんは僕を殴ったけど、それは僕が悪いことしたら。」

でも、ここへ疎外親による片親疎外の戦略が入ってくると子供の反応が変化します。

「お父さんは叩くから一緒にいたくない。」

「お母さんは、僕の面倒を見てくれないから、一緒にいたくない。」

疎外親は、標的親を悪者に仕立て上げて、自分が子供にとっての唯一の親である、自分さえいればもう一方の親は必要ないと子供を洗脳します。

 

標的親は自分を責めないでほしい

苛烈な片親疎外を行うの自己愛性人格障害者です。自己愛性人格障害者に配偶者として選ばれた標的親は、責任感が強い一方で自分軸が曖昧で自分を犠牲にする傾向があります。

だから、子供からの拒絶を受けて、自分を責めているかもしれませんが、それはやめて下さい。

疎外親がすべてを捻じ曲げているだけです。

家族のために必死に長時間労働する父親をネグレクトだと捻じ曲げます。

家族のため兼業主婦となった母親を子供への思いやりが足りない母親だと捻じ曲げます。

家族のために専業主婦をする母親を子供のために経済的援助をしようとしない思慮の足りない母親だと捻じ曲げます。

僕も自分を責めていたときがあります。

僕は研究職なので帰りが遅いことが多くあります。モラハラ妻はそれを取り上げて、僕が子供を見捨てた、ネグレクトだと子供達に吹き込んでいます。子供達からもそう言われ自分を責めていました。

でも、違います。

自分の片親疎外に利用するためにモラハラ妻が捻じ曲げているだけです。一度家を出たら、数日帰れない父親は沢山います。すべての父親が子供達から拒絶されるわけではありません。

モラハラ妻は「父親は、子供との時間を大切にしない。子供達と過ごそうとしない。仕事だけ。家族のために給料が増えるわけでもないのに!」こうやって子供達を洗脳して来ました。結局モラハラ妻の立ち位置を示しているだけです。

「お父さんのように好きなことを仕事にすれば、こんなに毎日頑張れるのよ。給料が増えるわけでもないのにね。貴方達も好きなことして生きて行きなさい。」

一方の親との関係を壊さないやり方なんていくらでもあります。

 

まとめ

子供達の言う「会いたくない、一緒にいたくない」は片親疎外の結果です。疎外される親に問題があるからではありません。完璧な人間はいません。

片親疎外の存在しない、純粋な虐待やネグレクトを受ける子供の反応を考えればそれが良く分かります。

虐待やネグレクトを受ける子供は、それでも、親を拒絶しないからです。

標的親の人は自分を責めないで下さい。

片親疎外により洗脳された子供はあなたの非を責めますが、疎外親の立ち位置をコピーしているだけです。

片親疎外がない場合は、その不完璧さを理由に子供が標的親を拒絶することはありません。どんな理由を子供があげつらって標的親を拒絶しようともそれは片親疎外によるものです。