アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

通常の家族再統合療法(Reunification therapy)が片親疎外を悪化させる25の理由。 実際に当てはまったものは何か?

スポンサーリンク

はじめに

片親疎外とは、離婚を主なきっかけとして、一方の親(疎外親)が、もう一方の親(標的親)に対して拒絶や嫌悪感を抱くように子供を洗脳することです。

洗脳された子供は標的親を見下し関わることを拒絶し、健全な親子関係が破壊されます。

家族再統合療法(Reunification therapy)は、壊れてしまった家族の関係の再構築を目的として行われますが、片親疎外によって壊れてしまった親子の関係の再構築には役立たないだけでなく、むしろ、子供の洗脳を強めて、関係をされに悪化させてしまうことがあります。

こちらのYouTubeでその25の理由が説明されています。


www.youtube.com

僕と僕の子供達も毒母からの片親疎外に苦しんでいます。子供達の洗脳を解くために家族再統合療法を行ったのですが、実際に子供の洗脳を強めて片親疎外を悪化させる結果となりました。

僕の実体験として通常のセラピーが片親疎外を悪化させる25の理由がどれくらい当てはまっていたかを紹介します。通常のセラピーが片親疎外を悪化させる理由が良く分かります。

 

 

通常のReunification therapyが片親疎外を悪化させる理由の中で実際に当てはまっていたもの

f:id:afreshstart:20220307055758j:plain

Image by ImaArtist from Pixabay

1) In general, reunification therapists should not have a therapist-client relationship with the alienating parent.

セラピストは疎外親をクライアントとして扱ってはいけない。

 

2) In general, reunification therapists should try not to forge a therapeutic alliance with the alienating parent.

セラピストは疎外親と協力してセラピーをするべきではない。

毒母はセラピーには参加しなかったので、これらには当てはまらないのですが、それでも毒母の脅威の大きさは感じました。毒母に洗脳された子供達は毒母の父親への人格否定をそのままコピーします。そして以下の8)子供の言うことをそのまま尊重すると9)の毒母を責めてはいけないとが悪循環となります。つまり、毒母が子供達を通じてセラピーに参加し、父親との関係改善を邪魔し続けているように感じました。

 

3) It is never appropriate for a therapist to treat any condition without first evaluating the client(s).

その家族で何が起きているのかを診断することなくセラピーをしてはならない。

片親疎外のセラピーではとりわけ、その家族で何が起きているのかの診断が重要になります。しかし、僕のセラピストは診断を全く行おうとはしませんでした。通常のセラピストは、自分が薦める方法はどんなケースにも上手く行くと信じているの個別の診断を行いません。

 

4) Cases of parental alienation or even suspected parental alienation are inherently forensic; they require the therapist to have much special expertise, and some of that is forensic they require the therapist.

専門的な知識が片親疎外のセラピーには要求される。

これも当てはまっていました。片親疎外のセラピーがどうあるべきかを全く知らないようでした。

 

5. One of the worst mistakes a reunification therapist can make is to over empathize with the alienating parent.

疎外親に騙される

上で書きましたが、毒母はセラピーに参加しませんでしたが、子供達を通してその存在は際立っていました。

 

6. The therapist rule “don’t take sides” isn’t appropriate for parental alienation.

「セラピストはどちらの味方もしない」は適切ではない。

これも完全に当てはまっていました。通常のセラピーでは、どちらの味方もせず、中立の立場にいることが重要ですが、片親疎外の場合は、適切ではありません。間違っているものは、間違っていると伝える必要があります。

 

7.  Most of the techniques used for other types of relationship problem, e.g., marriage counseling, are strikingly ineffective for parental alienation and can be very harmful.

通常のセラピーで使われるテクニックは片親疎外では有害になる。

これも完全に当てはまっていました。「相手を尊重する」「決して否定しない」をセラピストは貫いていましたが、すでに洗脳された子供のこれをすると、子供が標的親を拒絶することを認めて後押しすることになります。

 

8.  Reunification therapists should not allow-and should not certainly not encourage-the session to be forum for the children to (A) voice unjustified or delusional opinion; (B) promote the alienation narrative; (C) assert alleged grievance that have no basis in reality; or (D) disrespect or denigrate the target parent.

洗脳された子供の言い分を無条件で尊重するべきではない。

これも完全に当てはまっていました。セラピストは、「子供は決して嘘をつかない」を基本にしているようでした。

 

9. Although therapists should not criticize alienating parent in front of the children, they must correct that parent’s inaccurate (alienation) narrative.

疎外親を正す必要がある。

これも完全に当てはまっていました。僕は子供達の前で毒母のことを悪く言うことはしないことにしていますが、それでも、どうしても毒母のことに触れることがあります。セラピストは、「相手のことを非難するべきではない」と主張していました。これが通常のセラピーでは上手く行くことは分かりますが、片親疎外の場合は上手く行きません。子供達は「疎外親の行いは正しい」と間違った認識を持つからです。

 

10. In general, it is not appropriate for a therapist to promote the premise that an alienated child’s cognitive distortions or delusions “are real to [him or her]” and should therefore be “respected” and validated.

子供達の洗脳により植え付けられた作り話を事実だと認めたり尊重するべきではない。

これも完全に当てはまっていました。セラピストは、「子供は決して嘘をつかない」を基本にしているようでした。

 

11. Therapists who work with alienated children and families should create a safe environment in which the child feels free to express positive thoughts and feeling with the previously rejected parent.

子供にとって安心安全なセラピーの環境が必要。

片親疎外の知識のないセラピストは、子供達を疎外親から引き離す必要があるとは思いません。僕達のセラピストもこれの必要性を全く考えてはいないようでした。

しかし、片親疎外の場合には、疎外親からの子供の引き離しを真剣に検討する必要があります。セラピーが多少効果があったとしても、疎外親のもとに子供が戻ると洗脳がまた始まるからです。

 

12. To be successful, reunification therapists may need to adopt an authoritarian approach; they may not only need to set limits, but to mete out consequences.

強い態度で臨む必要もある。

セラピストが強い態度で臨むことはありませんでした。通常のセラピーなら温和な態度が良いのは良く分かります。

 

13. Reunification therapists should rarely, if ever, give an alienated child permission to remain silent, or to otherwise not participate, in the therapy sessions.

子供の沈黙や参加拒否を許してはならない

セラピストは、もし、子供達がセラピーを好ましく思っていないなら、これ以上続けることは出来ないと言っていました。これも完全に当てはまっていました。

 

14. Reunification therapists should not further empower the already empowered alienated child.

セラピストはすでに力を持った子供にさらに力を与えてはいけない。

セラピストは、洗脳された子供の主張をそのまま信じて、標的親に変わることを求めたので、全くこの通りでした。セラピストはすでに力を持った子供達にさらに力を与えていました。

 

 

15. In striking contrast, reunification therapists should: (A) disempower the over-empowered child; and (B) re-empower the disempowered parent.

セラピストは子供の権力を減弱化し標的親に権威権力を強化するべき。

僕のセラピストはこの発想は全くないようでした。

 

16. Reunification therapists should not base their treatment plans-or put undue emphasis-on having the target parent apologize, empathize, or listen better.

17. Reunification therapists should not base their treatment plans-or put undue emphasis-on having the target parent improve his or her empathizing, listening, and other parenting skills.

セラピーの計画に固執したり必要以上に標的親に変わることを求めてはいけない。

これも完全に当てはまっていました。僕達のケースの診断を行うことなく、自分の計画を推し進めるだけでした。また、子供達ではなく、標的親へ変わることを求めました。

 

18. Proper treatment of parental alienation requires an approach based on a child maltreatment and child protection model. Parental alienation meets standard criteria for psychological and emotional abuse and psychological maltreatment.

片親疎外では児童保護の視点を持つべき。

セラピストは、片親疎外が酷い部類に入る児童虐待であるとは思っていないことは明らかでした。ゆっくりとやれば良いと思っているようでした。

 

19. One of the worst mistakes a reunification therapist can make is to fail to recognize serious underlying psychopathology.

人格障害者を認識しない。

子供がすでに人格障害を発症していることを全く想定していませんでした。

 

20. With few exceptions, it is usually inappropriate-and often catastrophic-to advise an alienated parent to “step back in order to get the child to come to you”

21. In treating parental alienation, it is rarely appropriate to advise that resumption of contact with the alienated parent be done gradually and slowly over time.

段階的な関係改善を提案する

セラピストは、見事に段階的な改善を認めました。裁判所命令で週末に僕の住居に子供達は宿泊することになっていますが、子供達が拒絶するので、セラピストは宿泊なしで一日だけ一緒に過ごすことを提案しました。子供を言うことを尊重して標的親に引き下がることを強要する行為なので片親疎外を強めます。また、引き下がった分、子供達は疎外親と一緒に過ごすことになり、疎外親はさらに片親疎外を行います。

 

22. Reunification therapists should not assume that by encouraging, or arranging for, an alienated child to have “positive experiences” with the rejected parent, the child is likely to discard his or her negative beliefs.

子供が標的親との良い思い出あると想定するべきではない。

通常のセラピーでは、子供が持つ昔の良い記憶を使うことがあります。僕のセラピストもやろうとしましたが、子供達は見事に「父親と良い関係だったことは一度もない」と答えていました。

 

23. One of the worst mistakes a therapist can make is to fail to honor, or fail to support, an order for protective separation-i.e., a “no contact” order-when such an order is clinically indicated.

裁判所を巻き込まない

片親疎外のセラピーでは、裁判所を巻き込んでの疎外親へ子供への接触禁止命令などを得る必要もありますが、セラピストは全く考えていないようでした。

 

24. Since traditional reunification therapy has virtually no chance of success, practitioners who provide such therapy are providing futile treatment. Therefore, it is rarely, if ever, appropriate for a therapist to blame the alienated parent for the failure of such therapy.

セラピーが上手く行かないことを標的親の責任にする

これも全くその通りでした。僕が、「子供達は母親を真似てすでに人格障害を発症しかけている」と言ったことに対して、「子供にそんなネガティブな感情を持っているのは問題だ」と僕を責めました。

 

25. Success in therapy should be defined as the restoration of a normal relationship between the child and the parent, not a subjective opinion by the therapist or anyone else that the child is allegedly “making progress”.

セラピーの成功は標的親との関係改善で判断するべき。

これも当てはまっているようでした。具体的なセラピーの成功の基準を持っていないようでした。

 

 

まとめ

結果として、25の理由のほぼすべてが当てはまっていました。

この25の理由をまとめた方は偉いと思います。

残念ながら、アメリカでも、片親疎外改善のセラピストはとても少ないです。どうしても、通常の家族再統合療法(Reunification therapy)のセラピストしか選択肢がないときがあると思います。

通常の家族再統合療法が、片親疎外を悪化させる可能性があること、そしてその理由をしっかりと認識してから、セラピーに臨む必要があります。

僕は、このセラピストと直接話す機会を設けて、それでも、変わるつもりがないことが良く分かったので、以後のセラピーはキャンセルしました。

お金も時間も使って、本来の目的(子供との良好な関係を築く)とは全く逆方向への結果になるのですから、やる意味は全くありません。