アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

モラハラ妻が裁判所命令違反を繰り返すので新たな申し立てをした

スポンサーリンク

はじめに

モラハラ妻が裁判所命令違反を繰り返すので緊急申し立て(Emergent Motion)をしましたが、裁判所から却下されてしまいました。

その返事の中で違反を繰り返すモラハラ妻への警告も含まれていましたが、それでも、モラハラ妻は、裁判所命令に違反を続けて、子供達が僕のアパートへ来るのを阻止し続けました。

仕方がないので、通常の申し立てを裁判所へ起こしました。

モラハラ人間との離婚は本当に大変で時間もお金もかかります。

f:id:afreshstart:20220404054828j:plain

Image by photosforyou via Pixabay

 

モラハラ妻は裁判所命令違反を繰り返した

裁判所命令で子供達が僕の住居での宿泊することが認めれました。

しかし、モラハラ妻はこの命令に従わず、子供達を家から出しませんでした。

明らかな裁判所命令違反(Violation)でした。

最初の宿泊の予定は2022年1月14日でしたが、モラハラ妻は子供達を家から出しませんでした。そして、次の週末も同じでした。

その後、2022年1月26日に緊急申し立てを裁判所にしました。

しかし、僕の要求はすべて却下されました。

それでも、裁判所からの返事には、「裁判所命令にある監護スケジュールを遵守することを強く要望します。遵守しない場合は、制裁を科す可能性があります。」との文章がありました。

これで、モラハラ妻も少しは、裁判所命令に従うようになるかとも思ったのですが、僕のアパートでの子供達の宿泊に関しては、妨害を続けました。

やはり、モラハラ妻は、嫌がらせをするという意味では、かなりしつこい性格です。

 

新たな申し立て

緊急申し立ては却下されたのですが、モラハラ妻が違反を繰り返す場合には、通常の申し立てをすることが薦められていました。

残念ながら、モラハラ妻には反省の様子はなく、違反を繰り返すので、実際に通常の申し立てをすることになりました。

内容は、前回の緊急申し立てとほぼ同じです。緊急申し立ての後もモラハラ妻が裁判所命令に従わず違反を繰り返していることを訴えました。

申し立てを裁判所へ出したのは、2022年2月8日のことです。

前回の緊急申し立てをしたのが、2022年1月26日ですのことですから、その2週間後には、また、申し立てをしたことになります。

毎週毎週何か事件が起こります。

モラハラ人間との離婚は本当に大変です。

 

まとめ

モラハラ妻が裁判所命令違反の繰り返すので新たな申し立てを裁判所に起こしました。

モラハラ妻は、片親疎外を行っており、僕と子供達との面会を執拗に妨害しています。

裁判所命令で命令されている面会すら妨害する状態です。

この裁判所命令違反をしてでも、子供と標的親との面会を妨害するのは、疎外親が共通に示す特徴です。

残念ながら、裁判所は、素早い対応はしてくれません。

この申し立ての聴聞会も2022年3月29日にスケジュールされました。一ヵ月以上も待たなければいけませんでした。

そして、この一ヵ月の間もモラハラ妻は裁判所命令への違反を繰り返し、結局一度も裁判所命令を守りませんでした。