アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

自己愛性人格障害者との国際離婚裁判。少しづつ良い流れを引き寄せています。

スポンサーリンク

はじめに

モラハラ人間(自己愛性人格障害者)は、自分を良く見せることや嘘が上手で、裁判官や調停員を味方につけて自分に有利に離婚を進めていきます。

それでも次第にモラハラ人間の化けの皮が剥がれていきます。

少しずつ被害者の方へ良い流れになって行きます。

モラハラ妻との国際離婚裁判も、もうすぐ二年になります。2022年1月10日にISCと呼ばれる離婚調停が行われました。

この調停を終えて、僕の方へ少しづつ良い流れになっていることを実感しています。

被害者の多くに同じことが起きます。

モラハラ人間(自己愛性人格障害者)との離婚に苦しんでいる方に希望を持って欲しいです。

f:id:afreshstart:20220114074851j:plain

Image by Foundry Co from Pixabay

 

モラハラ人間(自己愛性人格障害者)は自滅する

僕がこのようなブログを書いているからですが、アメリカでの国際モラハラ離婚を経験した方と話す機会があります。

その中で学んだモラハラ人間との離婚裁判の共通する流れがあります。

モラハラ人間は、嘘や自分を良く見せることに長けているので、裁判初期には、裁判官も調停員も味方につけて、自分に有利に裁判を運びます。モラハラ人間の嘘に裁判官も調停員も騙されます。

モラハラ人間は、必ず被害者面をするので、結果として被害者が加害者として扱われたり問題のある人間だと認識されます。

被害者側としては本当に苦しい時期です。

しかし、それでも、時間が経つにつれて、被害者へ良い流れが向かって来ます。

モラハラ人間は、離婚裁判において、異常な要求を続けるので、異常な人間であることが、裁判官や調停員によって少しづつ認識されて行きます。一見良く出来たモラハラ人間の嘘も、時間をかけて議論をしていくと、整合性がなく嘘であることがバレて行きます。

そして、モラハラ人間は焦り出し、よそ行きの顔をかなぐり捨てて、相手への人格否定や攻撃を始めます。ときには、裁判官にも食ってかかります。

そうやってモラハラ人間が自滅する一方で、被害者はごく常識的な要求をして、裁判官も調停員からの信頼を勝ち取っていきます。

 

前回の聴聞会では敗北

2021年10月の聴聞会は、モラハラ妻にかなり有利に進みました。

僕は子供との面会時間もそれほどは貰えず、僕のアパートに子供達が泊まることも禁じられました。かなり不公平な金額の援助をモラハラ妻へ続けることが命令されました。

正に初期はモラハラ人間に有利に物事が進むことを実感しました。

 

今回の調停で流れを引き寄せ始める

それでも、2022年1月に行われたICSと呼ばれる離婚調停(裁判官が調停員を務める)では、良い流れが僕に向かって来ているのを実感しました。

子供達の宿泊が認められた

2週間に一度、金曜日の夕方に子供達をピックアップして僕のアパートに泊まり、月曜日の朝に学校へ送って行くことが認めらました。

子供達のセラピーが認められた

モラハラ妻は片親疎外を行っています。子供達を洗脳して父親を嫌うように仕向けています。この子供達と僕の関係を元に戻すためのセラピーが認められました。

片親疎外はほぼ100%成功します。僕の子供達も僕のことを嫌っています。これが片親疎外をさらに加速します。モラハラ妻は、今度は「子供達が父親に会いたがっていない」を理由を僕との面会を拒否するからです。

子供達にかけられた洗脳を解くためのセラピーが認められたことは大きいです。

50/50の共同監護の方針が明示された

モラハラ妻は単独監護権を主張していますが、裁判官はこの調停で明らかに半分半分の共同監護権の方針を示しました。裁判官は、過去の事例から、離婚後も両親との健全な関係を保った方が子供には良い影響があり、一方との関係を断つと犯罪に走ったり、学業の失敗など悪い影響があることを認識していました。裁判官は、お泊りもセラピーもこの共同監護権へ移行するための取り決めであると明言しました。

 

モラハラ妻の化けの皮が剥がれ始めた

僕へ良い流れが来た一つの理由は、上で書いたようにモラハラ妻の化けの皮が剥がれて自滅しつつあるからです。彼女の嘘がバレ始めています。そして、アメリカでのモラハラ離婚を経験した人から聞いた通り、悪態をつくようになってきました。

裁判官はモラハラ妻の人格に問題があることに気付き始めています。

 

裁判官は自己愛性人格障害者との交渉に長けた調停員を指名

このICSで裁判官はもう一度離婚調停をすることを提案しました。裁判官は、「このケースはあの人ですね」と調停員を指名しました。

これは後から僕の弁護士から聞いたことですが、この調停員はモラハラ妻のような苛烈な自己愛性人格障害者との交渉に長けており、多くの裁判官のお気に入りだそうです。

モラハラ妻の人格障害を裁判官は認識したようです。

 

良い流れは加速

この良い流れは今後加速していくと思います。

子供達のお泊りが認められたことでモラハラ妻の裁判所命令違反を証明しやすくなります。

金曜日の夜に迎えに行って、子供達を僕と一緒に行かせなければ、裁判所命令違反です。以前は週末の二日とも迎えに行く必要があり大変でした。

セラピーも始まれば、子供達自身が片親疎外を認識するようになります。

僕の予想ですが、モラハラ妻は焦って、何か事件を起こすと思います。例えば、僕のアパートに泊まっている子供達を夜中に連れ戻しに来たりするのではないかと思います。

こういう分かり易いことをしてくれれば、裁判所に彼女の片親疎外を訴えやすくなります。

彼女が邪魔をしないなら、それも良いです。僕は、子供達と長い時間を過ごし、日々の普通の生活を共にして、セラピーも後押しして、子供達の洗脳を解きやすくなります。

焦ったモラハラ妻は、裁判官の前で、もっと悪態をつくようになり、信頼を失っていくでしょう。

 

まとめ

モラハラ人間との離婚裁判を経験する多くの人が経験する流れをまとめました。

初期は、モラハラ人間有利に進みます。

しかし、時間が経つにつれてこの流れは変わります。

モラハラ人間有は自滅し、被害者へ良い流れが向かって来ます。

モラハラ人間の異常や要求や嘘が認識され悪態をつくようになるからです。