アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

絶対に謝らないモラハラ妻。あっぱれな謝罪逃れと責任転嫁。

スポンサーリンク

はじめに

モラハラ人間(自己愛性人格障害者)は、絶対に謝りません。必ず、他人に責任転嫁をしたり、屁理屈で何とか逃げようとします。2022年1月10日にIntensive Settlement Conference (ISC)と呼ばれる離婚調停を行いました。

その調停の中で、ここまできたら、本当にあっぱれとしか言いようのない謝罪逃れと責任転嫁をしました。

神逃げです。

謝らないための責任逃れが習慣化しているのが良く分かります。そして、そのためには凄まじい頭の回転の速さを見せます。

f:id:afreshstart:20220113070747j:plain

Image by Engin Akyurt via Pixabay

 

離婚調停で悪態を裁判官から注意されたモラハラ妻の神逃げ対応

2022年1月10日にIntensive Settlement Conference (ISC)と呼ばれる離婚調停を行いました。この離婚調停でモラハラ妻は僕と僕の弁護士を嘘つき呼ばわりして悪態をつき続けました。

そして、裁判官から名指しで、注意されました。

「Msモラハラ妻さん、この調停を終える前に一つ言わせて下さい。このような場で相手への侮辱を行ったり、嘘つき呼ばわりなどの人格否定は、良くないことです。言われた方は非常に嫌な気持ちになります。慎んでください。」

ここからのモラハラ妻の論理展開が神逃げ対応でした。

モラハラ妻「それを言われて思い出したことがあります。夫の弁護士は、DVの聴聞会のときに私のことを嘘つきだと言いました!」

裁判官「そのとき、貴方はどんな気持ちがしましたか?」

モラハラ妻「とても嫌な気持ちがしました!」

裁判官「そうでしょう。だから、他の誰かにも嘘つきだなんて言うべきではありません。」

モラハラ妻「夫の弁護士は私を嘘つき呼ばわりしましたが、私は貴方(裁判官)から多くを学びました。私は二度と人を嘘つき呼ばわりしません。私は夫の弁護士とは違います。」

 

謝罪逃れと責任転嫁

普通の人ならば、裁判官から注意されたら「すみませんでした。反省します。」と答えるとことしか思い浮かばないと思います。

瞬間的にこの対応をしたモラハラ妻は、常日頃から謝罪を避けるために言い訳をしたり、他人に責任転嫁することが習慣化していると改めて認識しました。

裁判官から注意されても、結局、一言も謝罪をしていません。

自分が悪かったとも言っていません。

そして、僕の弁護士を引き合いに出して、彼にその罪を引き受けさせています。

夫の弁護士は私を嘘つき呼ばわりして、今後もそれは変わらないだろうが、私はもう二度としないとの論理展開です。自分は夫の弁護士よりはまともな人間だと印象付けることで、謝罪と責任逃れをしています。

 

さいごに

僕の離婚するモラハラ妻は典型的な自己愛性人格障害で自分の非を認めたり謝罪することができません。屁理屈と詭弁を使って、絶対に自分の非も認めなければ謝罪もしません。

離婚調停でモラハラ妻が行った神逃げ対応を紹介しました。

モラハラ思考が体の中に沁みついています。