アメリカでの国際モラハラ離婚

モラ妻からのモラハラ実例、そこからの学び、人生の立て直しを綴ります

MENU

子供が疎外親から離れるとき・離れないとき。標的親が子供を取り戻すためのヒント。子供は勝ち馬に乗る。

スポンサーリンク

はじめに

片親疎外とは、一方の親(疎外親)が、子供を操り洗脳して、もう一方の親(標的親)へ嫌悪感を抱かせて拒絶するように仕向けることです。

酷い片親疎外をするのは自己愛性または境界性人格障害者です。

モラハラ、DV、児童虐待の加害者も自己愛性または境界性人格障害者です。

一見、不思議なことですが、子供は虐待加害者の側に寄り添い、健康的な親である標的親を拒絶して攻撃することが多いです。

それでも一部の子供は、疎外親・虐待親から離れて、標的親を選びます。

どのような場合に、子供は疎外親から離れるのか、また、離れないのかを考えてみました。

標的親がどうやって片親疎外を克服するかのヒントでもあります。

疎外親と標的親のパワーバランスに応じて子供はどちらかの親を選択します。

標的親が疎外親(虐待親)から、子供を守れるときに子供は標的親を選びます。

f:id:afreshstart:20220201100354p:plain

Image by Arek Socha va Pixabay

 

 

子供は虐待親に同調する

一見、不思議に思いますが、子供は虐待親の側に立ちます。

なぜ、子供は自分に危害を加える親を選ぶのか?

そもそも、なぜ、そんなことが起きるのか?

標的親が経験する不思議と苛立ちです。

でも、これはそういうものです。

大人になってしまうと、子供は、問題のある親を嫌い、距離を置くと思ってしまいますが、実はこれは違います。

 

子供が疎外親に洗脳されるのは生存本能

子供が疎外親・虐待親の側に立つのは、疎外親・虐待親の方が、標的親よりも自分の生存に対して力を持っているからです。

疎外親は児童虐待すら厭いません。

疎外親を怒らるせと酷い暴力を受けますが、標的親を拒絶して暴力を受けることはありません。

この場合、子供は、疎外親・虐待親の側へ立ちます。

自分では生きてく力がないので当然です。

 

疎外親から離れない、疎外親を選ぶ場合の実例

モラハラ妻の実家依存

モラ人とりわけ女性のモラ人の特徴の一つに実家依存があります。結婚した後も実家が大好きです。僕の離婚するモラハラ妻も全くの実家依存です。子供達が小さい時は、妻の本国に送り返して育児をして貰っていたこともあります。勿論、僕はこれには強硬に反対しましたが、全く聞きいれて貰えることはありませんでした。

もう二度と戻ってはこない子供達が小さい時の時間を一緒に過ごすことができませんでした。

当時は、モラハラというものを知りませんでしたが、今思えば、これは、モラハラ被害だったと断言できます。

妻の家族が我が家へ来ることもよくありました。僕には事前連絡は全くなしです。とりわけ、義母は、そのまま、一年以上滞在することもありました。

普通のご夫婦では、全く相談もなく、一方の親との一年以上の同居が開始されることはありませんが、モラハラの存在する家庭では良くあります。モラハラ被害者は、人権を全く認められてなく、都合よくモラハラ加害者に給料や家事育児などのサプライを提供するだけ存在だからです。

我が家の場合は、このような家庭環境だったので、子供達は自然と母方の方が自分達の生存に大きな影響を持っていることと、父親は利用だけしても関わない存在だと理解したはずです。

結果として、その母方からの片親疎外が始まるとそのまま母方(疎外親)を選んでしまいます。

これが我が家の状況です。

 

一方で、僕の実家は、常識的なので、モラ妻の家族がするようなことを一切しませんでした。僕の実母が、あるとき、ふらっとアメリカの自宅に現れて、そのまま、一年以上同居するなんてことは一度もありませんでした。

 

「子供は、問題のある親や家族の方を選ぶ」の実例でもあります。

 

片親疎外では、ほぼ100%、標的親の方が健全でまともな親です。

 

国際結婚の日本人妻

一般的に子供は父親よりも母親と強く結びつきます。片親疎外を受けるのは、父親の方が多いです。それでも、父親が片親疎外に成功して、母親が被害者となることもあります。

海外で国際結婚の日本人妻が片親疎外の被害にあうのは良い例です。

この場合、子供が母親ではなく、父親を選ぶ理由は、全く同じで、父親の方が子供の生存に大きな力を持っているからです。

まず、そこは、父親の母国であり、父親は言葉も出来れば、親類も国内にいます。一方で母親はそうではありません。

子供は、父親の方が、自分の生存に支配的であることを自然と理解します。

アメリカで父親に完全に洗脳された子供が、離婚裁判へ乱入して、日本人母親への悪口と非難を延々と訴えたそうです。

この場合も日本人母の方が必ず健全な親なのでしょうが、残念ながら、子供は、健全な親ではなく、自分の生存に支配的な親の方を選びます。

 

夫の実家へ嫁入り

夫の実家へ嫁入りで、夫と夫の家族がモラだった場合も、子供は母親でなく父親(方)を選びます。同じパターンです。

 

単独親権の疎外親

これも僕の知るアメリカでの国際結婚で日本人妻の実例です。

この家族は、離婚裁判が始まるまでは、子供は母親と強く結びついた、一般的な家庭でした。しかし、裁判の過程で、アメリカ人夫の方が英語と経済的な優位を使って単独親権を獲得しました。

その後、子供は、母親へのいくらかの愛着は示すものの、父親の方を選ぶようになりました。

子供は、母親への愛着はあっても、物理的、経済的に父親のサポートをどうしても必要とするので、父親を選ばざるを得ません。

 

虐待親

子供は自分の生存に支配的な親を選びますが、ここには、虐待親が含まれます。

これは、我が家にも当てはまります。

虐待する親としない親がいる場合、子供は、虐待親の機嫌を損ねてしまうと自分の身が危険になります。一方で、虐待しないまともな親に酷いことをしても、報復を受けることはありません。

子供が虐待を行う問題のある親の方を選ぶ理由の一つです。

 

勝ち馬に乗る

片親疎外の場合、子供は勝ち馬に乗ります。

自分では生きていく力がないので、仕方のないことです。

 

標的親が子供を取り戻す方法

標的親が子供を取り戻す方法の一つは、勝ち馬になることです。

子供の生存を助けられる存在になることです。

仕事をしているなら、社会的な成功を手にいれて、収入を増やしましょう。

人脈を築いて、自分だけでなく、周りの人にも成功をもたらす存在になりましょう。

標的親が、どんなにまともな親だったとしても、経済力がなく、子供が疎外親から飛び出してきても助けられない場合は、子供は経済力のある疎外親から飛び出すことはできません。

片親疎外に打ちのめされて、社会的な弱者になっている場合ではありません。

 

国際結婚の日本人妻のケースで、アメリカ人ナルシシスト夫からの片親疎外を克服して、子供と良好な関係を勝ち取った日本人妻を何人か知っています。

彼女達には一つの共通点があります。ほぼ100%です。

アメリカで仕事をして、元夫からの援助なしでも、生きて行ける生活力を持っていることです。一方でアメリカ人ナルシシスト夫からの片親疎外に苦しみ、なかなか克服できない人は、経済的弱者であることが多いです。

勝ち馬になるしかありません。

 

まとめ

子供は、まともな親を選ぶのではなく、自分の生存により支配的な力を持つ親を選びます。この支配力とは、経済力であったり、その国の文化への精通度だったり、親類が近くにいることだったり、虐待そのものであったりします。

片親疎外を克服するためには、社会的な成功なり、生活力を持つ必要があります。

社会的な成功は、子供の洗脳を解くきっかけにもなります。疎外親から、標的親は問題がある酷い人間であると、子供は洗脳されています。でも、その標的親の方が、社会的に成功し、周りの人からも好かれていれば、子供はその嘘に気付きます。